熱帯魚のミシマ

富山店ブログ

北日本新聞TV横

IMG_9748 本日、北日本新聞TV欄横で、来店のお客様対象のイベントセール告知広告を

掲載させていただきました。

金魚すくいなども用意して、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

AZOO社 UVステライザー

IMG_9742 本日はアズー社のUVステライザーの紹介です。

小型の殺菌灯で、ウィルス・アオコの発生を抑制し、クリアな水を保ちます。

水中使用タイプなので面倒なホース配線がいらず、水漏れの心配もいりません。

パワーヘッドと交換球は簡単に取り外しできますので、交換もスムーズ!!

 

※ご好評いただいているAZOO社ウォーターコンディショナーシリーズ(免疫ビタミン・オートリサイクル・ライブウォーター・アクアセーフティー)ですが、物価急高騰により、8/10より値上げせざるを得なくなりました。

急な決定で誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

 

IMG_9743

背面グリーンアクリルケース

IMG_9716 mishimaのオリジナル商品として、アクリルケースで底面が白板で背面がグリーン板を使用した製品が有り、このタイプのアクリルケースが、「ディスカス」と「フラワーホーン」のお客様よりの声ですが、最も魚が美しく見えるし、明るい体色でキレイに育つと評判をいただいております!

理由としては、白底は魚の体色が明るくなる(黒板の水槽は、アロワナ等で好んで使用されますが、体色が黒くなります)のと、背面のグリーンが自然な風合いをかもし出します。

ちなみに透明アクリルケースに外部より色スクリーンを取り付けても、アクリル板自体の光の反射がありますので、全く別物になってしまいます。

IMG_9718

とっておきのハイボディビクトリー

IMG_9690  トニー氏の代表的品種、ビクトリーはスーパーハイボディ体形もバリエーションとして有るのですが、スーパーハイボディとノーマルボディの中間的体形のハイボディタイプは、違和感の無い、しかし迫力の有る美しい体形です!

希少な本種タイプの中で、店内で7cmサイズより育て上げた,とっておきのハイボディビクトリーの個体を本日UPしました!!

7/21は営業です!

IMG_9561 mishimaでは月曜日が祝祭日の場合は営業日となり、定休日を1日移動して翌日の火曜日を休日とさせていただいています。

したがって、7/21は営業日(通常通り)となり、7/22(火)が休日となりますので、お間違いの無いように宜しくお願いします。

 

 

IMG_9560 IMG_9563 IMG_9564

特注アクリルケース

IMG_9549 IMG_9550

お客様特別注文の

4面ツヤ消しブラック板仕様の 1500x450x600アクリルケースがオーダーメイド完成しました!

IMG_9557 IMG_9552

 

フランジ部分も12mm厚のアクリル板を

重ね張り付けするなど、十二分な強度が有り、美しい仕上がり。

 

 

IMG_9553

 

中部より強度増強のため、コーナー補強がされている。

 

 

 

●アクリル水槽のページはこちら 

ハイブリッドエラプション

ハオファームのNEWストレイン「ハイブリッドエラプション」は、IMG_6583スパイダーフェースエラプション と

スーパーハイボディタイプとの交配によって生まれた、ハイブリッドタイプです!

このタイプは背の高いハイフォームで、スパイダータイプよりかなりハイボディ体形です。

しかも成長が早く、かなり大型化するNEWストレインです!

同じ水槽で従来タイプと混泳した場合、すぐに従来タイプより大きく成長していく、頼もしいヤツです!

水草水槽とディスカス

水草を繁茂させた水槽の中で、ディスカスを優雅に群泳させてみたい願望はディスカスファンだけではない、多くのアクアリストの永遠のテーマではないでしょうか?

IMG_9402 水草水槽の中でディスカスを飼育する時、ハンバーグ等の生エサを沢山与えるとどうしても水質が悪化して、飼育水槽のバランスが崩れてしまいがちですし、高水温の飼育では水草が元気良くなりません。

なかなか、ディスカスも水草も快調にキープするのは至難の業と言えるかもしれません。

mishimaでは店内で水草水槽の中に『ワイルドスポットグリーンF1』を入れていますが、水温は26℃程でOKですし、エサもドライフードのみで元気です!

ワイルドクロスタイプは比較的に水草を繁茂させた水槽に適応しやすい様に思います。

勿論、ベアタンクで飼育した方が成長は早いのですが。

IMG_9400 IMG_9405 IMG_9406

ワイルドクロス

ペナンディスカスブリーダーの中でもADEX社やリーチーフォング氏などは、ワイルド種やワイルドクロス種を用いた交配種の作出に積極的に取り組んでいます。

「ワイルドスポットグリーン」「ヘッケルクロス」「クリペアレッド」など、ワイルドディスカスマニアも唸らせる品種も多数あり、興味をそそられます!

しかし、このワイルドクロスの作出の道程は険しく、簡単には鑑賞価値の高い魚はできませんし、稚魚の成長も緩やかで生産コストがかさむとのことです。このようにある意味、野生種より希少価値のあるワイルドディスカスを是非タンクメイトにオススメいたします。

IMG_4889 IMG_4888 IMG_4882

IMG_4887IMG_4880 IMG_4879

ファームストックの次世代作出用野生種ディスカス、野生種も改良種と同様に飼育環境に順応させてあり、フィルターを使用しないで、ほぼ全量の水替えで維持されている。

Facebook

記事カレンダー

2008年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

月別アーカイブ

フィード購読

フィードを購読すると、最新情報を取得することが出来ます。

  • 出張水槽メンテナンス
  • 運賃表
  • ログイン
  • 会員登録
  • カートを見る
  • 最新ニュース